電磁波対策オンラインショップ > 携帯電話を使うと耳や頭が痛くなる

携帯電話の電磁波が人体に与える影響

携帯電話の電磁波のSAR値を知っていますか?

人体に吸収される電磁波エネルギー量のことです。
各携帯電話事業者も許容量をホームページで掲載しています。

○ NTTドコモ
URL:http://www.nttdocomo.co.jp/product/sar/

○ au
URL:http://www.au.kddi.com/seihin/support/sar/index.html

○ softbank
URL:http://mb.softbank.jp/mb/support/3G/product/sar/

○ イー・モバイル
URL:http://emobile.jp/products/

日本だけ厳しくない各国のSAR基準値

国別 許容値 測定単位 組織名等
日本 2.0W/kg 10gあたり 総務省令・無線設備規則
アメリカ 1.6W/kg 1gあたり 連邦通信委員会(FCC)
スウェーデン 0.8W/kg 10gあたり 労働組合連合(TCO)
中国 1.0W/Kg 10gあたり 検討中
ドイツ 0.6W/Kg 10gあたり 検討中

なぜ日本だけ基準が高いのか?熱作用と非熱作用って?

熱作用というのは一言でいうと熱を感じさせる作用です。
比熱作用というのはまだ科学的に立証されていない影響ですが、他国では、
(1)がん発症率の上昇
(2)頭痛、発熱、目まいなどの症状
(3)睡眠や学習能力への悪影響
などのデータが非公式事例として確認されています。

日本では特にこの非熱効果に関しては「根拠が無い=存在しない」という扱いになっているのです。
他国では「根拠が無い=なるべく気をつけよう」という方が多いのです。

iPhoneの取扱説明書より一部抜粋

左はiPhoneの取扱説明書にある記述の一部です。
ホームページ上やショップ店員からの説明ではほとんど説明されることはありませんが、よく探すと説明書には気をつけようと記載されていますね。 さすが海外企業です。

皮膚電気抵抗値(EAV)で測定出来る、自律神経の異常

皮膚電気抵抗値とは私たちの体を流れる生体エネルギー(気)の流れの状態を、微弱な電流を用いて測定するものです。この皮膚の電気抵抗値による心身機能評価というのは、ドイツではEAVとして50年前から、日本では2001年に「治療点検索装置」として厚生労働省許認可を受けている測定方法です。

実験結果

こちらの図はEAVという健康状態を把握する測定器にて携帯電話使用中を測定したグラフです。数値が高すぎると炎症または機能亢進傾向低い数値は機能低下を表します。一度数値が上がってから落ちていくのがグラフの黄色い個所、インディケータ・ドロップと呼ばれる異常な電気信号値です。
こちらの女性は腸経〜心経に危険信号であるインディケータ・ドロップが出始めました。しかし、グリーンエイトのSサイズを携帯電話のバッテリーケースの中に入れると、すぐにインディケータ・ドロップはなくなっていることが分かります。

商品ページへ
買い物カゴ

カートの中に商品はありません

研究・開発の歴史 BAUER BIOTEC社とは

ご愛用者の声 返金保証 よくある質問

ネットでのご注文は24時間受け付けております。お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。

平日 10:00〜16:00 (留守番機能付)

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※土日祝祭日、及び[赤]は休みです。


ページの先頭へ
ショッピングガイド
お支払いについて

・クレジットカード払い
・代金引換
・銀行振込(先払い)
   三井住友銀行 麻布支店 普通 1154438
   ゆうちょ銀行 記号 10070 番号 15870871
   加入者名:株式会社 トランスメディカ
・郵便振替(先払い)
   口座番号: 00180−2−585936
   加入者名: 株式会社トランスメディカ

※銀行振込・郵便振替の場合はご注文後10日以内にご入金が無ければ、キャンセル扱いに致します。

送料について

ご注文確認後、2営業日以内に発送いたします。
銀行振込・郵便振替の場合は入金確認後に発送致します。

【配送希望時間帯をご指定出来ます】
午前中・12時〜14時・14時〜16時・16時〜18時・18時〜21時ただし時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。

【商品の送料】
送料は、全国一律648円です。
お届先1カ所につき、お購入金額合計が10,000円以上の場合、送料はこちらで負担させていただきます(代引き手数料は別途必要です)。

お問い合わせ

株式会社トランスメディカ
   東京都港区西麻布1−10−16
   西麻布ロイヤルビル401
   03-5775-5871(平日10:00〜17:00)
   03-5775-5874(FAX 終日)
info@transmedica.co.jp
店舗運営責任者:宮本憲子
店舗セキュリティ責任者:宮本憲子