電磁波対策オンラインショップ > 携帯基地局や高圧電線の電磁波から家一軒全体を守る「トランスフォーマT28-5G」送料無料!30日間全額返金保証!

トランスフォーマT28-5G

こんな方におすすめ

皮膚電気抵抗値(EAV)で測定出来る、自律神経の異常

皮膚電気抵抗値とは私たちの体を流れる生体エネルギー(気)の流れの状態を、微弱な電流を用いて測定するものです。この皮膚の電気抵抗値による心身機能評価というのは、ドイツではEAVとして50年前から、日本では2001年に「治療点検索装置」として厚生労働省許認可を受けている測定方法です。

実験結果

こちらの図はEAVという健康状態を把握する測定器にて携帯電話使用中を測定したグラフです。数値が高すぎると炎症または機能亢進傾向低い数値は機能低下を表します。一度数値が上がってから落ちていくのがグラフの黄色い個所、インディケータ・ドロップと呼ばれる異常な電気信号値です。
こちらの女性は腸経〜心経に危険信号であるインディケータ・ドロップが出始めました。しかし、グリーンエイトのSサイズを携帯電話のバッテリーケースの中に入れると、すぐにインディケータ・ドロップはなくなっていることが分かります。

電磁波を中和し無害化する「グリーンエイト」&「トランスフォーマ」

1997年創業のバウアーバイオテック社は、独自技術「TRANSFORMATION through INFORMATION」を保有しており、全ての商品は、この技術を用いて開発されています。
これによって人体に有用な波長を生み出し、無用な電磁波との干渉・中和作用によって電磁波防止に効果を発揮します。

中和のイメージ

矢印が北を向くように設置するだけ

使い方携帯電話の基地局などの電磁波から、ほぼ家一軒の範囲をカバーすることができます。 家やビルディングの中、またその環境からは多量の電磁波が発生しています。特に、近くに高圧電線や携帯電話の中継基地などがある場合、その影響ははかりしれません。トランスフォーマ T28は、それらの電磁波が生体に優しくなるよう変換します。 トランスフォーマ T28は、床の上、あるいはタンスの上などに起きます。T28の上に物を置かないように注意してください。T28の上に書いてある矢印が北を向くようにしてください。
T28は、最大半径30mの範囲まで効果を発揮します。(電磁波の強さや環境により、カバーできる範囲が狭くなることがあります。)

5G機器類の汎用化が進むにつれ、将来的には顕著なまでに電磁波のさらなる照射が増大することが考えられます。
それにより、今まで以上に、身体にとって効果ある保全が必要です。
新しいTransformer T-28-5G が中和します。


スマートメーター(通信機能付き高性能電力メーター)の電磁波対策にも!

使い方現在、Smart Meters(スマートメーター)に対する防御解決策を求める要望が益々増えております。
スマートメーターを設置しますと、家や事務所の電気や水などのエネルギーデータを感知し、携帯電話と同じ通信手段で20分毎にエネルギー会社に伝達しており、米国・カナダ・英国等では多くの人達がその生み出す電磁波に悩まされております。
これらスマートメーターの電磁波は「グリーンエイトLサイズ」で中和できます。その方法としては、スマートメーターが設置されたキャビネットの中や前にグリーンエイトを設置することです。もし大きな設置場所で幾つものスマートメーターが設置されてる場合、それらを中和するにはトランスフォーマT28-5Gの設置が適切な解決策で、半径33メートルの範囲をカバーできます。


トランスフォーマT28-5Gについて

5Gネットワークの拡大により、将来的にはより多くの電磁波が発生します。したがって、効果的な保護はこれまで以上に重要です。
新しいT28-5Gは、電磁波を中和および調和させ、マンションまたは家で持続的で有益な、肯定的なエネルギー品質を確保します。

  1. 4Gおよび5Gに対応しており、半径33メートルを守ります。
  2. T-28-5Gは近隣のWiFiルーターからの電磁波の中和ができ、T-22-30の機能も兼ね備えています。

5Gとは

5Gは新しい通信規格を示します。リアルタイムのデータ伝送を約束し、デジタル化の重要な技術と見なされています。5Gネットワークの速度と短い応答時間は、産業用アプリケーションや自動運転、商品ロジスティクス、ロボットや機械のネットワーク化などの革新を決定づけます。5Gネットワークを構築して、数十万のデバイスを接続できます。

5G普及ペースについて

まず、4Gに基づいて5Gの部分的な改善が広まります。 4Gおよび5Gネットワークは、拡張が段階的に行われるように、共同または並行して運用されます。 4G標準は、引き続き5Gの不可欠な部分です。私たちは、自分のデバイスが将来4Gまたは5Gネットワ-クを使用しているかは気付きません。
最初の5G携帯電話とタブレットは2019年末に発表されます。

5Gネットワーク拡張の先駆者は、アジアとアメリカから来ています。ほぼ同時に、最初のパブリック5Gネットワークは、アメリカと韓国でオンになりました。韓国では、ネットワークのカバレッジはかなり高くなっています。日本も5G革命の準備ができています。遅くとも東京でのオリンピック2020年までに、5Gネットワークは全国的に利用可能になります。スペインは、2019年6月にヨーロッパで初めて5Gを発売しました。5Gは、スイスとイギリスの多くの都市でもすでに使用されています。ノルウェー、アイスランド、スウェーデン、デンマーク、フィンランドの政府首脳は、彼らが世界で最初の最高の統合5G地域を形成すると発表しました。 2018年以降、ドイツではベルリンやハンブルク港など、大規模なパイロットプロジェクトと5Gテストエリアがあります。 テレコムによると、超高速インターネットの最初の携帯電話契約は2020年または2021年初頭まで利用できません。2025年まで、ドイツの世帯の99%が5Gネットワークに到達します。

5Gの健康リスク

これまでのところ、モバイルネットワークの周波数は2.6ギガヘルツ(Ghz)未満でした。 5Gネットワークでは、現在2〜3.7ギガヘルツの周波数が問題になっており、遠い将来は最大60ギガヘルツまでになると考えられます。周波数が高いほど、範囲は狭くなります。したがって、5Gネットワークでは、同じエリアをカバーするために、さらに多くの中継地を増やす必要があります。これまで、多くの基地局がタワーまたは屋根に取り付けられてきました。新しい5G中継地は、ボックスタイプでどこにでも実際に取り付けることができます。これは、街灯、バス停、信号機、または壁に取り付けられ、私たちに近づくことを意味します。そしてもちろん、より多くの電磁波をうけるでしょう。

電磁波により、体内の水分子は振動します。これにより摩擦熱が発生し、組織および細胞の温度が上昇します。これは、頭痛、緊張、不眠などの症状に現れる可能性のある、生物に対するストレスを意味します。 5Gネットワークの拡大により、将来的にはさらに多くの無線による電磁波が発生するでしょう。

購入済みの以前のモデルについて

以前のモデル(4G対応製品)であっても、現在も包括的かつ確実に保護されています。


原産国 ドイツ
サイズ 35×35cm(厚さは8mm) 約660g
素材 発泡ポリ塩化ビニル

実際に購入したお客様のお声

▼クリックで拡大できます

感想 感想 感想 感想 感想

販売価格

96,000円(税込105,600円)

購入数
よくある質問
買い物カゴ

カートの中に商品はありません

研究・開発の歴史 BAUER BIOTEC社とは

ご愛用者の声 返金保証 よくある質問

ネットでのご注文は24時間受け付けております。お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。

平日 10:00〜15:00 (留守番機能付)

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

※土日祝祭日、及び[赤]は休業です。


ページの先頭へ
ショッピングガイド
お支払いについて

・クレジットカード払い
・代金引換
・銀行振込(先払い)
   三井住友銀行 麻布支店 普通 1154438
   ゆうちょ銀行 記号10070 
        番号15870871
   加入者名:株式会社 トランスメディカ
・郵便振替(先払い)
   口座番号: 00180−2−585936
   加入者名: 株式会社トランスメディカ

※銀行振込・郵便振替の場合はご注文後10日以内にご入金が無ければ、キャンセル扱いに致します。

送料について

ご注文確認後、2営業日以内に発送いたします。
銀行振込・郵便振替の場合は入金確認後に発送致します。

【配送希望時間帯をご指定出来ます】
午前中・12時〜14時・14時〜16時・16時〜18時・18時〜21時ただし時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。

お問い合わせ

株式会社トランスメディカ
   東京都港区西麻布1−10−16
   西麻布ロイヤルビル401
   03-5775-5871(平日10:00〜16:00)
   03-5775-5874(FAX 終日)
info@transmedica.co.jp
店舗運営責任者:宮本憲子
店舗セキュリティ責任者:宮本憲子